コラム

トイレについて | 温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)について

「温水洗浄便座」ってあまり言わないですよね。

よく聞くのは「ウォシュレット」。

このウォシュレットっていうのはTOTOの温水洗浄便座の商標なんですね。

なので、本来の名称は温水洗浄便座なんです。

TOTOの温水洗浄便座が「ウォシュレット」

LIXILの温水洗浄便座が「シャワートイレ」

など各メーカー毎に商標は違いますが、これらが普通名称化するくらい普及しているんですね。

日本での一般家庭での温水洗浄便座の普及率は2015年3月時点で77.5%だそうです。

最近では公共施設や店舗でも温水洗浄便座が設置されているところが多いですね。

一度使うと温水洗浄便座のないトイレは使えないって人も多いと思います。

 

今回はそんな温水洗浄便座のお話です。

 

 

温水洗浄便座の歴史

 

今では普通に設置されている温水洗浄便座ですが、いつ後らからあるのでしょうか?

今のように便座とノズルが一体化したものの始まりは、アメリカで医療・福祉施設向けに開発され痔の治療などに使われていたようです。

それを日本の衛生陶器メーカーの東洋陶器(現TOTO)が日本の一般家庭向けに販売しようと1964年にアメリカンビデ社(米)の「ウォシュエアシート」を輸入販売したのが始まりと言われています。

その後、ライバルの伊奈製陶(現LIXIL)が1967年10月に国産初温水洗浄便座付き洋風便座「サニタリーナ61」を発売、1976年には便座単体の「サニタリーナF」を発売しました。

 

伊奈製陶 サニタリーナ61

 

 

 

伊奈製陶 「サニタリーナ61」

 

 

 

 

 

 

TOTOも1967年にアメリカンビデ社から特許を取得し「ウォシュエアシート」を国産化し1969年に便座暖房機能のついた「ウォシュエアシート」の生産を開始しました。

ですが・・・これらの商品は温水の温度調節が難しく火傷する人もいたり、値段も高かった為あまり普及しませんでした。

当時は和式トイレが多く下水の普及も進んでいなかったことなども普及しなかった一因でしょうね。

 

その後、1980年TOTOが同時開発した「ウォシュレット」を発売しました。

この「ウォシュレット」には温水の温度調節機能・着座センサー・ビデ機能などが盛り込まれ積極的なCM展開などもあり普及へつながることになりました。

「おしりだって、洗ってほしい」ってCM、覚えている人も多いのではないでしょうか?

 

TOTO 初代ウォシュレット

 

 

 

 

TOTO 初代「ウォシュレットG」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1980年代後半になると伊奈製陶が「シャワートイレ」の名称を全面に出し、その他電器メーカー各社も参入することになりました。

この頃からメーカー各社の改良が年々進み洋式トイレや下水道の普及と相まって現在のようにどこに行っても温水洗浄便座があるという状況になってきたんですね。

 

 

最新の温水洗浄便座

 

私たちの身近な存在になった温水洗浄便座ですが、最新の機種はどんな風に進化しているのでしょうか?

水まわりといったらまず名前が挙がるのがTOTOとLIXILです。

この二社の最新機種を見てみましょう。

 

TOTO アプリコット

TOTOのウォシュレットといえばこれ、「アプリコット」です。

寺田心くんのCMでおなじみの機種ですね。

このアプリコットの最上位機種がこちら

 

TOTO アプリコット

 

 

 

 

TOTO アプリコットF3AW

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOTO アプリコットF3AWの主な機能

 

・ノイズレスデザイン

・きれい除菌水洗浄

・本体ワンタッチ着脱

・便ふた着脱

・クリーンノズル、クリーンケース

・瞬間暖房便座

・オート開閉

・オート便器洗浄

・やわらかライト

・温風乾燥

・においきれい

 

対してこちらはどうでしょう。

 

LIXIL New PASSO

LIXILのシャワートイレといえばこれ、「New PASSO」です。

この「New PASSO」の最上位機種がこちら

 

LIXIL New PASSO シャワートイレ

 

LIXIL New PASSO EA24

 

 

 

 

 

 

 

 

LIXIL New PASSOの主な機能

 

・フラットデザイン

・鉢内スプレー

・お掃除リフトアップ

・ノズル除菌

・レディスノズル

・フルオート便座

・フルオート便器洗浄

・ほのかライト

・エアシールド脱臭、ターボ脱臭

 

などなど、両社ともに便利機能が満載です。

正直どちらが優れているのか判断が難しいですね。

それにしても初代ウォシュレットが発売されてから40年弱でここまで進化するなんて、本当に日本人にとって温水洗浄便座は今や欠かせないものになっているんですね。

 

 

その他温水洗浄便座あれこれ

 

いまや日本の家庭に欠かせないものとなってきた温水洗浄便座。

その代表といえるTOTOウォシュレットは累計出荷台数4,000万台突破という大ヒット商品です。

日本人の清潔好きな国民性やトイレにも水道水を使える恵まれた水環境などの要因が相まってこの大ヒットにつながったのだと思います。

2005年に来日した歌手のマドンナが日本の便座が暖かいことに驚き感動したという話もあります。

2012年にはTOTO初代ウォシュレットGが日本機械学会に「機械遺産」に認定されました。

これからも日本の家庭のトイレに欠かせない存在の温水洗浄便座ですが、今後どんな風に進化していくのか楽しみですね。

 

 

 

蛇口交換や水漏れなど水道トラブルや水まわりの修理、
その他おうちのお困りごとのご相談はネクストプランにお任せください!

呉市・東広島市・安芸郡・江田島市・竹原市でお困りの際は
ネクストプラン呉へお問い合わせください!

広島市・安芸郡・廿日市市・安芸高田市でお困りの際は
ネクストプラン広島へお問い合わせください!

岩国市・周南市・下松市でお困りの際は
ネクストプラン山口へお問い合わせください!

ご質問ご不明点などお気軽にお問い合わせください!

このサイトを広める